メンテナンスQ&A

NYGでは適切なメンテナンスのために小冊子「サイディングの維持管理はどうするの」を発行しています。この小冊子は印刷物として購入もできますし、ホームページからダウンロードもできます。
適切な維持管理のために、ぜひお読みください。
購入・ダウンロードはこちらから>>>

「窯業系サイディング」は、メンテナンス(維持管理)が必要ですか?

メンテナンス(維持管理)は必要です。サイディングの表面塗装や接合部のシーリングなどは永久的なものではありません。年数を重ねると様々な経年劣化が進みます。しかし適切なメンテナンスを行うことで建物の老朽化を遅らせ、資産価値の維持にもつながります。詳しくはこちらへ>>>

自分自身で出来る点検はありますか?

サイディングの塗装表面の状態や、シーリング部の状態、サイディング自体の状態を目視にて点検することができます。但し、高所など危険場場所や点検が難しいところは自らが行うことは避けてください。詳しくはこちらへ>>>

「窯業系サイディング」の表面が新築当初に比べ色褪せてきているが、どうすれば良いですか?

一般的に塗装表面は年月の経過と共に劣化が生じます。表面を手で触り、表面に白い粉や塗装の色が多く手に付くようであれば劣化が進行しています。そうなれば塗り替えを検討・実施して下さい。詳しくはこちらへ>>>

シーリング(接合部のゴム)が剥離してきていますが、どうすれば良いのですか?

一般的にシーリングは年月の経過と共に劣化が生じます。目地部の剥離が大きいようでしたら補修の時期となります。
詳しくはこちらへ>>>

「窯業系サイディング」に亀裂(クラック)や反りが確認できますが、どうすれば良いのですか?

サイディングに亀裂や反りが確認出来れば補修してください。亀裂が生じている場合はパテによる補修や部分張替えとなります。反りが生じている場合はビスの増し打ちや部分張替えとなります。詳しくはこちらへ>>>

「窯業系サイディング」に藻やカビが発生していますが、どうすれば良いですか?

藻やカビは適度な水分と適度な湿度等の環境条件が整えば、建物の外壁に限らずどこにでも発生するものです。藻やカビの発生をそのままにしておいても建物の構造体には特に悪影響を与えませんが、塗装の劣化度合も異なってくるため、こまめに洗浄して頂くことをお勧めいたします。詳しくはこちらへ>>>