窯業系サイディングはリフォ-ム性に優れています


住宅のリフォーム改修の目的は住宅の「資産価値の回復、向上」にあります。
したがって地震や火災に対する安全性の向上・確保と、意匠性の向上が重要となります。窯業系サイディングを使用したリフォーム工法では耐震・断熱性の向上と、外観意匠の向上を提案しています。
NYGでは、耐震補強改修のために、すばやく(S)安心、安全に(A)耐震(T)改修ができる「新SAT工法」をお勧めしています。
「新SAT工法」は(一財)日本建築防災協会が推進する木造住宅の耐震性能の向上を目的とする『住宅等防災技術評価制度』で、耐震補強工法として技術評価された仕様となっています。
その内容を『新SAT工法 耐震・断熱改修マニュアル』としてまとめ、NYGが販売しています。ぜひ、お読みください。