ご挨拶(案)

   一般社団法人 日本窯業外装材協会(NYG)は、1991年に前進の「乾式防火サイディング懇話会」を改称し住環境の向上の理念のもと活動を行って参りました。
   おかげ様で2019年に一般社団法人化することができました。
   懇話会時代より、当協会は、学識経験者、流通業界、施工業者様等のお客様、関係官庁、各種団体のご指導、ご協力、ご理解をいただきながら住環境の向上に寄与するべく、防耐火性、耐久性、施工性、意匠性に優れた窯業系外壁材の開発、改良および普及促進に努めてまいりました。昨今は不幸に地震を初めとする大きな自然災害が頻繁に発生しておりますが、阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災等における住宅の被害調査では、窯業系サイディングが地震に強いことも確認されております。窯業系サイデイングが安心で安全な住宅の外装部材である事が、今や新築住宅の7割以上にご採用いただいており、昨今では中低層の非住宅にも使っていただけるようになりました。
   住宅業界も住宅やそこに使われる材料が安全で安心である事はもとより、量から質への転換、リフォームへの対応、環境への配慮、少子高齢化への対応等将来を見据えた多くの課題がございます。その中にあって、当協会と致しましても明日への課題、未来の展望を見据えながら、環境の変化、社会のニーズを捉え業界、国土の発展の為微力ながら邁進してまいりたいと存じます。