SAMPLE JOB SITE

性 能

耐久性

日本産業規格(JIS A 5422)にある製品性能基準値を満たしており、住宅の外壁材として耐久性に優れ、外部からの衝撃にも強く、家を守ります。
また、サイディングの性能は、JISで定められた方法によって試験した時、下記の表に適合しなければなりません。
JIS A 5422規格はこちらへ>>>

JIS 性能


防火性

窯業系サイディングは、不燃または準不燃材料であり、外壁材の防火構造・45分準耐火構造・1時間準耐火構造の国土交通大臣認定を取得しており、火災に対する安全性に優れています。
住宅外装テクニカルセンター(JTC)が発行する、防火・準耐火構造認定書についてはこちらへ >>

耐震性

窯業系サイディングは大規模地震被災地の被害調査でも、はく離・脱落がほとんど見られず、地震に強いことが確認されています。
耐震性能の詳細はこちらへ >>


耐風圧性

耐風圧性は建築基準法により規定されています。
住宅の外装としては、規定されている設計風圧力に対し、外装材が破損・破壊しないものとします。
耐風圧性能の詳細はこちらへ >>


防水性

窯業系サイディングそのものの防水機能と、通気構法による防水機能(通気構法による空間と防水紙等による)により、屋内側への雨水の浸入を二重に防ぎます。

防水施工法と関連商品

サイディングを使用した外壁からの雨水の浸入は、サイディング本体と透湿防水シート(以下防水紙という)の両方の防水機能によって防止する方法を基本としています。
サイディングは合じゃくり部に樹脂製防水材を施し、板間の接合部では施工時に湿式または乾式のシーリング材等を使用して防水の処置をしております。
しかし、最近の住宅では軒の出が少ないため、サイディングの表面に多量の雨水がかかる条件下では、施工精度、風圧、その他の条件により合じゃくり部、シーリング部、開口部まわり、配管まわり等からの一時的な多少の雨水の浸入は避けられません。 したがって、防水紙、防水テープを正しく施工することが重要になります。

防水関連材料のJTC規格について

住宅外装において、外装材どうし、もしくはサッシ等の他部材との接合部より外装材の裏面にまで雨水が入り込むことがあります。
これを「室内への雨水の浸入」としないためには、工法として通気構法とすることが重要ですが、同時に、防水紙などの防水関連材料そのものの性能もまた重要です。
NPO 住宅外装テクニカルセンター(JTC)では、学識経験者、評価機関、建築家、設計者、施工者のご指導と(社)日本サッシ協会、日本シーリング工業会、日本透湿防水シート協会、日本粘着テープ工業会、リビングアメニティ協会等の各団体のご協力を得て、防水関連材料の規格を制定しています。
●JTC S-0001 窯業系サイディング用シーリング材 JTC規格(pdf)はこちらへ>>>
●JTC S-0002 住宅用乾式外装材の外壁用透湿防水シート JTC規格(pdf)はこちらへ>>>
●JTC S-0003 住宅用乾式外装材の外壁用防水テープ JTC規格(pdf)はこちらへ>>>

防水関連商品について

(一社)日本窯業外装材協会では、この規格にもとづき性能確認された防水関連商品を下記に紹介しています。 防水関連商品「純正品」「推奨品」一覧はこちらへ>>>

換気口周辺の防水性について

建築基準法では、住宅に使用される建材、塗料、接着剤などに含まれる、人体に有害な「揮発性化学物質」のホルムアルデヒド、クロロピリホスが規制の対象となっており、一定の換気設備を設け、これらを屋外に排出することが義務付けられています。
このため、住宅の外壁に多くの換気口が取り付けられることになりますが、そのために換気口周辺からの漏水事故が発生するとも予想されます。
この不具合を未然に防ぐためNPO 住宅外装テクニカルセンターでは、工業化住宅を除く住宅用の「換気口周辺の防水施工マニュアル」を作成しました。
「住宅品確法」で述べられている「室内への雨水の浸入」や壁体内結露を防ぐため、本マニュアルをご参考戴きたくご案内します。
「換気口周辺の防水施工マニュアル」(pdf)はこちらへ>>>