SAMPLE JOB SITE

建設キヤリアアップシステム
「窯業系サイディング施工士」関係コード一覧

令和3年4月建設キャリアアップシステムシステムの登録申請書コード表に
「窯業系サイディング施工士」コードが登録されました

建設キャリアアップシステムの目的

現在の建設業界においては技能者の能力や経験が適正な賃金や待遇に反映され難い環境にあります。この様な状況は建設業界に将来の夢を託せないと考える若年層の入職の障害となり、業界の後継者不足・人材不足にもつながって来ております。
国交省により推進されている建設キャリアアップシステムは、建設技能者の資格・保険加入・現場就業履歴を客観データとして登録・蓄積することにより、技能者の適正な評価や待遇等に反映されることを目指した仕組みです。

建設キャリアアップシステム「建設技能者」の登録と運用の流れ

技能者登録の方法は以下 一般財団法人建設業振興基金のサイトをご覧ください。
>> 建設キャリアアップシステム〔技能者登録〕

登録申請時のコード

登録申請時、ご自分がどの様なキャリアを持っているかのヒアリングがあります。
窯業系サイディングの施工に従事する技能職として関係のあるコードは、
前述の〔技能者登録〕 > 参考資料「申請関係書類」の登録申請書コード表(PDF形式)の中にあります

登録申請コード表 表紙 2021(R3)年4月発行の「登録申請コード表」から
表8の資格・免許に窯業系サイディング施工士のコードが新設されました。

窯業系サイディング施工士に関係するコード

元請より「建設キャリアアップシステム」の申請を求められた場合、「窯業系サイディング施工士」の資格を持つ者は特に(2) 資格・免許の登録が可能です。

(1) 表5 技能職種
 大分類コード   その他(施工)
 小分類コード   12 サイディング工
(2) 表8 資格・免許
 分類       施工関係
 コード番号    33096 日本窯業外装材協会社内検定窯業系
              サイディング施工士
(3) 表15 所属団体   タイル工事業
 コード番号    (一社)日本窯業外装材協会

(注) (一社)日本窯業外装材協会が「タイル工事業」の範疇に入っているのは2017(平成29)年11月改正「業種区分、建設工事の内容、例示、区分の考え方」の建設業許可事務ガイドラインに基づくもの。